カラフルバスソルト

普段自分が入るお風呂に入れるのは天然塩か重曹に精油を混ぜるシンプルなものですが、
今回はプレゼント用なので以前にも作ったことがあったマロウブルーの浸出液を天然塩に混ぜた
カラフルなバスソルトを作るつもりでした。

でも先日マロウブルーのチンキを作ったのを思い出しそれを入れてみたところ….

IMG_0603.jpg

おぅ….失敗….。( ̄▽ ̄;)!!
まぁ、きれいな緑色だけど鮮やかな紫色を期待していたのにやっぱりチンキじゃだめなのかなと思いつつ
水分を飛ばすために乾煎りしていると…..。

IMG_0605.jpg

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

おぉぉ~!
紫色になりました!

調べてみると植物色素を研究されている方の記事を見つけました。
マロウブルーのハーブティーにレモンを入れてピンク色にするのはあるけど、
クエン酸を入れてピンク色のバスソルトを作る発想はなかったわ~。

発想の乏しさと勉強不足を反省。
面白くなっていろいろなチンキを入れてバスソルトを作ってみました。

IMG_0610.jpg

上から天然塩+重曹+マロウブルーチンキ

二段目左のピンク色は天然塩+マロウブルーチンキ+クエン酸

右の紫色は天然塩+マロウブルーを加熱

三段目クリーム色は天然塩+重曹+ラベンダー

右の赤紫色は天然塩+ハイビスカスチンキ

ラベンダーはチンキの色が茶色っぽかったので色素が変化しての色ではなさそう。
でも、ラベンダーのいい香りがします。
一番上の緑色だったものは時間が経って青色になりました。

マロウブルーの色素成分アントシアニジンが酸とアルカリで化学変化をおこしたのですねぇ。
中学か高校のときの化学の実験でやりましたねぇ。
すっかり忘れていますねぇ…。

いい大人になって、こんなことでワクワクできるのもアロマテラピーのおかげだなぁなんて思いながら
可愛らしく出来上がったカラフルなバスソルトをニヤニヤしながら眺めるのでした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA