香りとお風呂を愉しむ

IMG_0927.jpg

きらきら光るきれいな宝石のような石けん。
溶かして注ぐだけの簡単に作れるM&Pソープで作ったものです。

レモングラス、ラベンダー、そしてカモミール・ジャーマンの精油を入れました。
グリーンなのは少しだけ入れたカモミール・ジャーマンに含まれるカマズレンの色。

透明石けんは透明じゃない石けんに比べると保湿力やスキンケアの働きは劣るのだそうです。
それでも、この宝石のような石けんを使うというだけで、うっとりと気持ちがとても贅沢な気分になれます。

 

初めて石けんを手作りしたのは もう15年くらい前です。
図書館で借りた、前田京子さんの『お風呂の愉しみ』を読んでから。

石けんの作り方本というよりはお風呂や石けん、 スキンケアについてのエッセイみたいな感じだったと記憶しています。
読んでいるだけで気持ちがとても豊かになっていくような気がしました。

材料や道具を揃えるのはなかなか大変だったにも関わらず、どうしても作りたい!と思わされる内容でした。
たしかその時に初めて精油を買ったんだったなぁ。

初めて作った石けんはとても良い香りでそれまでのお風呂はただ汚れを洗い流すところだったのが、
リラックスして愉しむところに変わりました。
今ではどんなに遅く帰ってきても必ずお湯に浸かって香りとともに愉しんでいます。

今も時々、オイルからの手作り石けんを作りますが、M&Pソープも手軽に楽しめるのでおすすめです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA