精油とアロマオイルの違い

アロマのことをきちんとお勉強するまで私もそうだったのですが、
「精油(エッセンシャルオイル)」と「アロマオイル」の違いってわかりずらいですよね。

どっちも似たような可愛い小瓶に入っているし、雑貨屋さんに行けば隣同士に並べられていることもある。
なにより両方とも良い香り。

IMG_0970.jpg

玄関やお部屋をちょっと良い香りにするだけならアロマオイルでもいいかもしれません。
でも、アロマテラピーとして使用するなら必ず精油(エッセンシャルオイル)を使ってください。

精油(エッセンシャルオイル)は植物から抽出された100%天然の素材です。

アロマオイル合成の香料です。ポプリオイルなどもそうです。

見分ける方法は瓶のラベルもしくは添付書に学名や生産国などが表示されているかを確認してください。
アロマオイルの成分に「天然オイル」と書かれてありますが、「天然オイルも使っているよ」という意味で
100%天然という訳ではないので注意してください。

IMG_0971_2015022422105168c.jpg

どちらもローズの香りです。

アロマオイルは合成なので香りがあまり変わらずに長く香っています。
ローズのシャンプーのような香りがします。

精油(エッセンシャルオイル)は天然だからこそ、香りが刻々と変化してあまり長持ちしません。
でも、香りはまさに薔薇の香りそのものです。
うっとりするような香り!
心にも身体にも特に女性にはすばらしい働きをしてくれます。

ローズはお値段にも雲泥の差があります。
たった3mlなのに1万円を軽く超えてしまいます。

アロマテラピー=芳香療法として香りを使うのであれば正しい知識を身につけて、必ず精油(エッセンシャルオイル)を使いましょう。

詳しくはAEAJのサイトが参考になります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA