LLi法を試す

 

ハーブの色素成分を抽出する方法にLLi法というのがあります。
石けんを手作りする方たちの間でよく知られている方法で、これは油に溶けやすい色素成分が抽出できるのだそうです。

アロマクラフトでハーブの成分を抽出する時は40度のウォッカや植物油に浸出させるけど、色があまりきれいに出なかったりします。
先日作った緑茶のクリームもいまひとつきれいな緑色ではなかったのでLLi法を試してみることにしました。

LLi法は香料研究家の長島司さんが考案した方法です。
ハーブを無水エタノールで浸出させて、植物油に色素を移し、精製水でエタノールと植物油を分離させます。

お試しで….と30mlのホホバオイルで作ったけど、緑茶に残ってしまったり、ろ過する途中で紙に吸収されて
最終的にできたのは10mlくらいでした。

でもきれいなグリーン!
お茶の香りがちゃんとします!

緑茶に含まれる脂溶性成分の葉緑素、ビタミンAとEなどが含まれると考えられます。

 

そしてミツロウと緑茶チンキを入れて緑色の緑茶クリームができました!

IMG_1030.jpg

あまりなめらかじゃないのはちょっと混ぜ方が足りなかったかな。
でも、とりあえず満足しました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA