柑橘類の香り

d26bf2b6f8b4a51c0a4e0b94f2aed74a_s.jpg

 

好きな食べ物は?と聞かれたら、グレープフルーツと答えることが多いかな。
キンカンも大好きだし、レモン味のものには憧れみたいな感情もある。
結局、かんきつ類が好きなんだなぁ。

黄色やオレンジ色、ころんと丸くて、太陽みたいに明るく温かく、新鮮でジューシー。
柑橘の香りもやっぱり大好きです。

好きな精油はなんですか?と聞くと、必ず柑橘類の名前があがります。
初めての1本が柑橘の精油だったという方も多いのではないでしょうか。

みんなに愛されている柑橘精油。

オレンジスイートは甘く温かく、ほっと安心できる香り。

レモンはすっきりシャープで若々しい印象。

グレープフルーツは爽やかな朝のイメージ。

ベルガモットは柑橘系のなかでも少し大人っぽい感じ。

マンダリン、ユズ、ライムなどなど。

そんなわけで4月のアロマレッスンは柑橘精油の徹底活用でした。
精油の中でも人気の高い柑橘類ですが、使用期限が短い(約6ヶ月)のが少し残念。

柑橘類の果皮からとれる精油は圧力をかけて搾り取る方法(圧搾法)で、低温で得られるので、
自然そのままのフレッシュな香りを楽しめます。

でも、搾りかすが混じったり、変化しやすい成分も多く含まれるので精油自体の変化も早くなってしまうのです。
酸化もしやすく、そうなると香りが変わってしまい、皮膚刺激にもなってしまいます。
大切に使っているうちに日数が経ってしまい使えなくなってしまった…..なんていうことがないように、
柑橘類の精油はぜひフレッシュなうちにどんどん使いましょう!

ただし、光によって反応し肌に刺激を感じる成分(光毒性)も含まれているので日中の外出前や外出中は注意が必要です。

『光毒性とは皮膚につけた精油の成分(フロクマリン)が紫外線に反応して、各種の症状(かゆみ・発赤・しみなどの色素沈着)を生じることです。外出前や外出時、日光にあたる部分への下記の精油の使用を避けましょう。
ミカン科ベルガモット・レモン・ビターオレンジなどセリ科アンジェリカクマツヅラ科バーベナ』
(公社)日本アロマ環境協会より

私が柑橘精油でよく作るのはリードディフューザーや無水エタノールと水道水と精油で作ったお掃除スプレー。
お掃除用だし、すぐに使い切るので精製水ではなく水道水です。
柑橘類に含まれるリモネンという成分は油汚れをよく落としてくれます。

【お掃除スプレー】
無水エタノール 30ml
柑橘精油 10滴
水道水 20ml

アルコール濃度が高めなので殺菌消毒にもなります。
キッチンの除菌やトイレのお掃除にも使えます。
いい香りであちこち清潔にしてくれる柑橘精油は本当に良い子です。

先日、頂いたレモンの香りの紅茶とクッキー。
爽やかな香りでひと足速い初夏を感じました。
ありがとうございました♪

IMG_1277.jpg

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA