オレンジポマンダーを作りました。

こんばんは。
日曜日は初雪の予報が出ています。
白い季節がやってきますね。

今月のアロマサークルではちょっと早めにオレンジポマンダー作りをしました。

オレンジポマンダーとは欧米などでクリスマス時期の飾りつけに使われる、
柑橘類にクローブを刺してシナモンなどのスパイスパウダーをまぶし乾燥させた「香り玉」のこと。
レモンやリンゴなどで作ることもできます。

中世のヨーロッパでは悪い空気や悪臭が原因で病気になると考えられていたそうです。
そこで空気を良い香りで満たし清めるためにローズマリーやジュニパーの小枝を焚いたり、
ポマンダーを腰から下げたりして疫病除けにしていました。

現在でも幸せを呼ぶお守りとして手作りのポマンダーを親しい人にプレゼントするのだそうです。

 

完成したオレンジポマンダーはスパイスの抗菌作用で何年も腐らず飾ることができます。
香りは少しずつ弱くなりますが精油をプラスすればまた良い香りに。

なによりもフレッシュなオレンジとスパイスの香りで作っている時が一番幸せな気持ちになれます。
アロマサークルではお茶とお菓子を用意して、のんびりとみんなでおしゃべりしながら楽しく作りました。

IMG_3087

このオレンジポマンダー作りはとても好評でしたので、クリスマスに間に合うようにワークショップを予定しています。
11月後半になりますが詳細が決まりましたらご案内いたします。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA