ジェルビーズのエアフレッシュナー

 

見た目にも爽やかでかわいいジェルビーズのエアフレッシュナーです。

車内や玄関、トイレ、デスク周りなど狭い空間の空気を爽やかにします。


ジェルビーズのエアフレッシュナー

材料

  • 精油:20滴
  • ジェルビーズ:80g
  • アルミ蓋付きガラス瓶 :1個

作り方

  1. ガラス瓶の蓋にキリや目打ちで穴を開けておきます。
  2. ガラス瓶にジェルビーズを入れ、精油を加えたら、竹串などでよく混ぜ合わせます。
  3. 穴を開けたフタをして完成。

 

!注意!

ジェルビーズは下水には絶対に流さないでください。詰まりの原因になります。

ジェルビーズは「ウォータービーズ」「プラントビーズ」「アクアボール」などとも呼ばれる、水耕栽培に使われる植物の保水材です。吸収性アクリルポリマー(プラスチック)が原料で、保冷剤やおむつにも使われています。使わなくなった保冷剤があればジェルビーズの代わりに使うこともできます。

乾燥してビーズが小さくなったり香りが弱くなったら、精製水と精油を足すと復活します。

 

 

私は合成の芳香剤ではなく自然の香りに包まれていたいので車の中に置いてあります。
運転中におすすめの精油はもちろん眠くならない精油です。
覚醒し、かつ落ち着いた判断のできる香り。

レモン、グレープフルーツ、ペパーミント、スペアミント、ローズマリー、バジル、ローレル、ユーカリプタス、ティートリー、
ラヴィンツァラ、レモングラスなどです。

反対に使わない方がいい精油はクラリセージ、カモミールローマン、マージョラム、サンダルウッドなど。

 

私が使っている車用ジェルビーズエアフレッシュナーの香りは

グレープフルーツ精油:6滴
レモン精油:5滴
ローズマリーシネオール精油:4滴
ペパーミント精油:2滴
フランキンセンス精油:3滴

爽快感があって深い呼吸を促すような香りです。

 

※気をつけていただきたいこと
アロマテラピーは医療ではありません。
当サイトに掲載されている内容は、一般書籍を参考にしたり、わたくし個人の経験によるもので、精油の効能効果、心身の不調改善が医学的に検証されたものではありません。事故やトラブルに関して当サイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任の範囲でお楽しみください。免責事項をご参照ください。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA