ラベンダーのサンケアローション

 

 

暑さの中にも秋の気配が感じられる頃になりました。
いつも『北海道の夏は短いから楽しまなくちゃ!』と思っているのですが、もう無防備にアウトドアを楽しめないお年頃なので、
日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりと紫外線には気をつけています。

でも、もともと面倒くさがり屋なので「ちょっとだけだから…」と気を緩めてしまい、うっかり日焼けをしてしまいます。
そんな時は、ラベンダーが強い味方になってくれます!

ラベンダーのドライハーブと精油を使ったサンケアローションです。
今回はクールダウンのためにペパーミントも入っています。
フェイス用の場合は刺激が強すぎるのでペパーミントは抜きます。


ラベンダーのサンケアローション(ボディ用)

材料

  • スプレーボトル:100ml
  • ドライラベンダー:大さじ2
  • 精製水:150ml
  • グリセリン:5ml
  • ブレンド精油:20滴
    ・オレンジスイート精油:8滴
    ・ラベンダースパイク精油:5滴(または真正ラベンダー)
    ・ペパーミント精油:3滴
    ・イランイラン精油:2滴
    ・サンダルウッド精油:2滴

 

作り方

  1. 小さな鍋で精製水を沸騰させたら火を止め、ドライラベンダーを入れてふたをし、30分くらい抽出してから濾して濃いラベンダー水を作ります。冷ましておきます。
  2. スプレーボトルにグリセリン、ブレンド精油、冷ましたラベンダー水を入れ、スプレーとキャップを取り付けてからよく振り混ぜます。
  3. 冷蔵庫で保管し、よく冷やしたローションを日焼けしたお肌にスプレーします。なるべく早めに使い切ってください。

 

日焼け後におすすめの精油

日焼けはお肌がヤケドしてしまったような状態なので、まず冷やしてクールダウンさせます。
その後、皮膚の炎症を落ち着かせたり、再生を促す働きが期待できる精油を使ったローションでケアしましょう。

・ラベンダースパイク精油:瘢痕形成(創傷治癒)作用

・真正ラベンダー精油:瘢痕形成(創傷治癒)作用、皮膚組織再生作用、抗炎症作用

・イランイラン精油:抗炎症作用

・カモミール・ジャーマン精油:抗炎症作用、瘢痕形成(創傷治癒)作用

・カモミール・ローマン精油:抗炎症作用

・ローズ・オットー精油:瘢痕形成(創傷治癒)作用

・ローズマリー・ベルベノン精油:瘢痕形成(創傷治癒)作用、皮膚組織再生作用

・プチグレン精油:皮膚組織再生作用

・ゼラニウム精油:抗炎症作用

・パチュリ精油:抗炎症作用

・パルマローザ精油:瘢痕形成(創傷治癒)作用

・ローズウッド精油:皮膚組織再生作用

・サンダルウッド精油:抗炎症作用

 

 

※気をつけていただきたいこと
アロマテラピーは医療ではありません。
当サイトに掲載されている内容は、一般書籍を参考にしたり、わたくし個人の経験によるもので、精油の効能効果、心身の不調改善が医学的に検証されたものではありません。事故やトラブルに関して当サイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任の範囲でお楽しみください。詳しい免責事項をご参照ください。