口内炎とハーブティー

  昨日から雪まつりが始まりました。 暦の上では立春を迎え、そろそろ冬が終わり春がやってくる頃ですね。 札幌は雪まつりの頃が一番寒さが厳しく、雪まつりが終わったら少しずつ春がやってくるのを 感じられるようになり […]

ネロリの香り

ネロリの精油はビターオレンジ(学名:Citrus aurantium)の
花から水蒸気蒸留法で抽出されます。
シトラス系の爽やかさとフローラルの華やかさが感じられる、
清楚で上品な優しく柔らかく包み込むような美しい香りです。
今でこそ、良い香りと思えるのですが、
初めてネロリの香りを嗅いだ時からしばらくの間は、
まったく良い香りとは感じられず、
その良さがちっとも分かりませんでした。

あなたらしい2016年に

  新年、あけましておめでとうございます。 2016年が皆さまにとって笑顔と希望にあふれる一年になりますように。 ラルクーナは本日より営業しております。 心と身体をふわりと緩めてあなたらしいあなたへ戻るためのお […]

2015年の営業終了

2015年の営業は昨日でおしまいでした。
セッションルームと教室をペパーミントとジュニパーで拭き上げて、
エサレンで買ってきたホワイトセージでスマッジングしました。
このお部屋を使えることに感謝です。
そして、このお部屋を使う機会をくださった皆さまに心からの感謝を。
ありがとうございました!
2016年度は1月4日(月)からの営業となります。

手作り葛根湯

葛根湯を調べてみると、
葛根、麻黄、桂枝、芍薬、生姜、大棗、甘草で構成されています。
このうち、葛根はくず粉、桂枝はシナモン、生姜はショウガ、
大棗はナツメ、甘草はリコリスが手元にありました。
シナモン、ショウガ、ナツメ、リコリスを小鍋でぐつぐつ煮出してから、
水溶きくず粉に加えてなんちゃって葛根湯です。

クリスマスの贈り物

アロマテラピーでクリスマスと言えば、
東方の三賢人のお話があります。
新約聖書のマタイのよる福音書に
『家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。
彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、
黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。』というものです。

ジンジャーシロップ

12月に入って暖かい日が続き、一昨日には札幌の積雪がなしになったのに、
昨日と今日で30cmに戻ってしまいました。
本格的な冬が到来したようですね。

寒さのせいかぞくぞくとした寒気を感じて、
温かい飲み物が欠かせなくなってまいりました。
コーヒーも好きなのですが、身体を温めるにはやっぱりハーブの力を借ります。
乾燥ショウガ、シナモン、クローブ、カルダモン、レモン、てん菜糖に水を入れて30分くらい煮て、
濃いめのジンジャーシロップを作っておきます。

クリスマスツリーの香り

一週間後はクリスマスですね。
今日はクリスマスの香りをテーマにクラフト作りを楽しむレッスンでした。
その時に思い出したクリスマスの香りのエピソード。
クリスマスの香りといえば、「没薬」と「乳香」が有名ですが、
私のクリスマスの香りといえば、クリスマスツリーの木の香りです。

モミとユーカリのクリスマスリース ワークショップ終了しました。

先週はフレッシュなモミとユーカリを使ったクリスマスリースの
ワークショップを開催いたしました。

当初はモミとユーカリ、松かさとリボンくらいでシンプルに仕上げようと思っていたのですが、
お花屋さんへ行くと明るいヒバとクリスマスらしいサンキライの実があったので
それもプラスしてぐっとクリスマスっぽいリースになりました。

アドラー心理学ベーシック講座を受講しました。

10月31日、11月1日、14日、15日の4日間、アドラー心理学ベーシック講座を受講してきました。
日本のアドラー心理学の第一人者岩井俊憲先生の講座です。
とてもわかりやすく、楽しい講座で終わってしまうのが寂しいくらいでした。