冷えにローズマリーワイン

IMG_9752-3

朝夕の気温が下がり、秋の気配がぐっと感じられるようになりましたね。
今朝なんてそろそろストーブの用意かな…なんて思ってしまいました。

最近よく飲むハーブティーも身体を温めてくれる働きを期待してエルダーフラワーやリンデンが多くなってきました。

この夏は冷たいものを摂りすぎてお腹を壊したり、食欲を落とすことが多かったのですが、
秋口になってそのツケがまわってきたのか、だるかったり、足の冷えを感じたりしています。
やっぱり身体を冷やすのはよくないですね。
遅いけど…反省….。

なので今はせっせと冷え対策をしています。
お風呂にはバスソルトを入れて毎日しっかり浸かって温めています。
ハーブティーも白湯も飲んでいる。
それと、ローズマリーをワインに漬け込んで作るハーブワインを少しだけ飲んでいます。

ローズマリーは「若さを取り戻すハーブ」とか、「記憶力を増強するハーブ」として知られていますが、
血液の流れを促す働きがあるので冷え対策にも活躍してくれます。

もちろんハーブティーとして飲むのも良いのですが、ワインに漬け込んでハーブワインにすることで体内への吸収が早まり、すぐにハーブの成分も吸収されます。
アルコール自体も血行を良くしますしね。

特に私は普段アルコールを飲まないので、たまに飲むと効きます。
食事の前に少し飲むと食欲も出るし、身体も温まっておすすめです。


ローズマリーワイン

 

ローズマリー 20g
ワイン(赤でも白でも) 1ℓ

ローズマリーをお茶パックなどに入れてからワインに漬け込みます。
時々振りながら、5日間漬け込んでから飲みます。

IMG_2824

ワインは安いものにしましょう!
私は酸化防止剤無添加の安いワインで作っていますが、
ローズマリーを漬け込んでおくと5日間放置してもあまり酸っぱくならないのです。
ローズマリーに含まれるロスマリン酸などの強い抗酸化成分のおかげなんだなと実感します。

 

ローズマリー精油での冷え対策にはお腹をトリートメントするのがおすすめです。
お腹には500円玉の直径くらいある太い血管があるので、お腹の血行を良くすることで全身が温まってきます。
ローズマリー精油2滴とホホバオイどを10mlでトリートメントオイルを作って、お腹をやさしくトリートメントしてみましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA