Esalen®Massage

Water_hands_エサレン®マッサージは1960年代、アメリカのカリフォルニア州ビッグ・サーに設立されたエサレン研究所で生まれた全身のオイルトリートメントです。基本のスウェディッシュマッサージに、心理学、ヨガや太極拳の要素、さまざまなディテールワークやエネルギーワークなどのアイデアも取り入れたボディワークのひとつです。

呼吸に合わせ、全身を波のリズムでシンプルに触れながら、身体、心、魂に働きかけ統合していきます。何も判断せず、好き嫌いなく、干渉することもなく、ただ移り変わるのを気づきをもって見守ります。

「在るがままの今に気づき、そのすべてを受け入れひとつにつながる」

自分自身の中でくつろぐことを受け入れるとき、在るがままの自分に出会うことができます。

*エサレンのセッションをご予約の方はMenuをご覧ください。女性限定となります。

こんな方におすすめしますIMG_9906-2

・疲れているのにゆったりとリラックスすることがむずかしいと感じている。
・圧が強いだけのもみほぐしやしっかりめのマッサージは苦手。
・なんとなく息苦しく、深い呼吸がしづらく感じる。
・最近、ぐっすりと眠れていない。
・頭の中で思考がぐるぐる回って落ちつかない、など。

 

セッション

エサレン®マッサージではオイルトリートメントのことをセッションと呼びます。
セッションはトリートメントをする人(ギバー)と受ける人(レシーバー)がいてはじめて成立します。ギバーはレシーバーにリラックスしてもらうために触れます。信頼してからだの重さを預けます。レシーバーはギバーの重さを受け止め、支えます。

どちらか一方的ではない相互の信頼関係があって初めて、
エサレン®マッサージのセッションは成り立つのだなぁと感じています。

 

タッチfeather

エサレン®マッサージの最初のタッチ(触れる)はとてもゆっくりと、まるで羽根が落ちてくるかのようにふわりと始まります。ギバーはレシーバーの呼吸に寄り添うように合わせ触れていきます。触れることによってレシーバーが自分のBody(からだ)、Mind(こころ)、Spirit(精神)に向き合い、バランスを取り戻し、自分で自分を癒す力を高めることができます。

ギバーは触れることでレシーバーのこころとからだがひとつになってゆく自然なプロセスに立ちあう特権を与えられました。エサレン®マッサージは触れあいによるギバーと
レシーバーの相互関係となり、セッションはどちらにとっても心地よいものになります。

 

ロングストロークIMG_9957

基本的な手技は一般的に知られているスウェディッシュマッサージがベースになっていますが、特徴のひとつに波のリズムに例えられるロングストロークがあります。
エサレン研究所は海岸の切り立った崖の上にあり、波の音は止むことがありません。
とても静かにゆったりと、時にははっとするほど大きくなったり。
波の音は永遠と続きます。

それに合わせるようにストロークは足の先から腰へ、背中へ、頭へ、また背中から腕へ、脚へと全身を途切れることなく波のリズムでつなげてゆきます。
からだの輪郭が強調されてゆき、からだが感じていることに気づいてゆきます。

 

ロッキングIMG_9795-

ゆらゆらと優しくロッキング(揺らす)することで、強い緊張をするするとゆるめていくことができます。
無意識に力が入ってしまう場合や力の抜き方がわからない方などに無理なく心地よくリラックスに導いていきます。

 

スイートムーブメント&ストレッチ

優しいタッチやロッキングでゆるんだ手足を大胆に動かしたり、ストレッチしていくことでからだの広がりや深さ、立体感を十分に感じることができます。

 

プレゼンス・アウェアネス・コネクションIMG_9988_

エサレン®マッサージのトレーニングで一番最初に学ぶ、とても大切なことに「プレゼンス(今ここに在ること)、アウェアネス(気づき)、コネクション(つながり)」という3つのキーワードがあります。
セッションを行うとき、今この瞬間(プレゼンス)に意識を向け、レシーバー・自分自身・その場で起きていることに気づき(アウェアネス)、そのすべてとのつながり(コネクション)を大切にします。

 

 

 

 


エサレン研究所について

IMG_9798-2

エサレン研究所はカリフォルニア州の太平洋を臨むアメリカでもっとも美しい海岸線と呼ばれるビッグ・サーにあります。
1962年、人としてより良く生きていくにはどうしたらいいのかという、ヒューマンポテンシャル(人間の持つ可能性)を回復、発展させる場として開かれました。
当初から著名な心理学者やボディワーカーが招かれ、ワークショップやセミナーが開かれ、自己成長プログラムを提供していました。
そこへ従来の心理学に満足できない研究者やヒッピーなどがたくさん集まってきました。

「ゲシュタルト療法」で有名なフリッツ・パールズ、「ロルフィング」のアイダ・ロルフ、「センサリー・アウェアネス」のシャーロット・シルバー、「フェルデンクライシス」のモーシェ・フェルデンクライシス、「トレガーアプローチ」のミルトン・トレガーなど、たくさんの著名人がエサレンマッサージの誕生に影響を与えました。

現在もエサレン研究所は哲学、心理学、ヨガ、太極拳、音楽、アート、ダンス、瞑想、対話、マッサージやボディワークなどのワークショップやセミナーが開かれる滞在型の教育センターとして知られています。
心を病んでしまった人に対する治療やワークではなく、健全な人が心の不調や違和感に気づくためのワークを提供しています。

海岸沿いの広い敷地内にはカラフルな野菜畑やハーブガーデンがあり、猫たちが自由に歩き周り、崖の上にある温泉からは広大な海原が臨め、夜はいくつもの流れ星が降る満天の星空を眺めながら浸かることが出来ます。
また、海に沈む夕日の神々しさには圧倒されてしまいます。

エサレン研究所の「Esalen」は数百年前にネイティブアメリカンの「エサレン族」がその土地に住んでいたことから名づけたそうです。